家老仁郎 息子

加藤 武(かとう たけし、1929年 5月24日 - 2015年 7月31日)は、日本の男性 俳優、声優。 文学座前代表。 東京市 京橋区(現東京都 中央区)出身。 早稲田大学 英文科卒業。 俳号は「阿吽」 。 日本における死刑囚の一覧は、日本の刑事裁判で死刑 判決が言い渡された主な死刑囚の確定順による一覧である。 下級審で死刑判決を言い渡された後、上訴中に死亡した者については死刑確定囚ではないためここに含めない。. 谷口仁郎、野又達郎、門奈達司、松近達雄 (参加申し込み順) 体験参加者名 山本亮一、中山三夫 (ホームページより参加登録して戴きました。) 今回の活動内容 平成27年度2回目の活動は姫路でした。 日時:平成27年9月12日(土) 薩摩藩の家老。木曽三川の治水事業(宝暦治水)の指揮を執った。 森口尚史 もり ... 遠藤仁郎 えんどう に ... 上村松篁の息子。 島清恋愛文学賞 しま せ ― 石川県白山(はくさん)市が主催。小説家・島田清次郎(せいじろう)にちなむ。 本田望結 ほんだ みゆ: 子役。『家政婦のミタ』の阿須 事件後の1967年ごろからは関係が途絶していた, 1964年7月、窃盗未遂事件の被告人に対し第一審への差し戻し判決を言い渡した際、主文で「上告審の訴訟費用を被告人に負担される」と誤記した例, 被害者4人のうち2人の殺害について実を主張して再審請求していたが、2004年2月9日に横浜地裁で再審請求棄却決定を受け、即時抗告(東京高裁)も同年4月23日に、特別抗告(最高裁)も同年5月29日で棄却され, 被害者男性は派手な仕手戦で「北浜の風雲児」などと呼ばれ、大物相場師として注目を集めていた, 無期懲役が確定した残る1人の共犯者は事件に関与した時期が遅く、計画にも最終段階で加わったのみだったため無期懲役となった, ただし、姫路市の事件(控訴審で唯一犯行を認めた)は「殺害後に金品奪取の意図が生じた疑いが残る」として強盗殺人罪の成立を認めず殺人・窃盗罪を適用した, 『毎日新聞』はこの時に「最高裁によれば、確認できた限りでは上告審で公判手続きが停止された例はないようだ」と報道した, 斎藤は小田島鐵男(畠山鐵男)の死後に『3650 死刑囚小田島鐡男"モンスター"と呼ばれた殺人者との10年間』(ミリオン出版)を出版した, 法務省成人矯正課はその理由を「死刑執行された死刑囚の氏名を公表するようになった2007年12月以降の流れを踏まえた」と説明したが、年齢・犯罪事実は公表しなかった, 上告棄却判決直前(2011年3月4日)に支援者であるクリスチャンの女性と養子縁組し、女性と同じ「O」姓に改姓したが, 事件・犯罪研究会編『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事典』東京法経学院出版、2002年、11頁, 長船友則『山陽鉄道物語』JTBパブリッシング 2008年 ISBN 978-4-533-07028-0, 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、226-237頁, 「明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典」、東京法経学院出版、2002年、284頁, 岡山県警察史編さん委員会編 『岡山県警察史 上巻』1047-1049頁、岡山県警察本部、1975年, 岡山県警察史編さん委員会編 『岡山県警察史 上巻』1059-1060頁、岡山県警察本部、1975年, 岡山県警察史編さん委員会編 『岡山県警察史 上巻』1049-1051頁、岡山県警察本部、1975年, 岡山県警察史編さん委員会編 『岡山県警察史 上巻』1060-1063頁、岡山県警察本部、1975年, 岡山県警察史編さん委員会編 『岡山県警察史 下巻』652頁、岡山県警察本部、1975年, 事件・犯罪研究会編『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事典』東京法経学院出版、2002年, 『朝日新聞』1984年7月9日東京夕刊第4版第一社会面15頁「女子中学生刺傷事件 仮出所男を逮捕 『殺すつもりだった』」(朝日新聞東京本社), 『朝日新聞』1984年12月19日東京夕刊第4版第二社会面10頁「二少女刺傷に懲役八年判決 東京地裁」(朝日新聞東京本社), 『朝日新聞』1951年11月7日西部夕刊第3版2頁「バタ屋殺し死刑判決」(朝日新聞西部本社), 『朝日新聞』1955年6月16日西部夕刊第5版3頁「バタ屋殺し判決 無期求刑から懲役10年 主犯死刑で確証なし」(, 『読売新聞』1965年12月13日東京朝刊第二社会面14頁「前科八犯、冷酷な“古谷”幼少から放浪癖 四つで母親と死別 おじの家で育つ 14年前にも連続殺人」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1985年6月1日東京朝刊第14版第二社会面22頁「【大阪】老人8人連続殺人鬼 古谷に死刑執行」(読売新聞東京本社), 「ライフル少年の死刑確定 理由なし 最高裁が上告棄却」昭和44年(1974年)10月2日夕刊、3版、11面, 「団地交番で警官殺される 勤め帰り20人の目前 胸を一突き、短銃奪う 八王子で 犯人、一時間後に逮捕 読売新聞1967年10月6日朝刊, 『毎日新聞』1969年3月19日東京朝刊第14版第二社会面14頁「【藤沢】女高生殺しのSに無期懲役」(毎日新聞東京本社), 『毎日新聞』1971年11月9日東京朝刊第13版第二社会面22頁「藤沢の女高生殺し 無期懲役を破棄、死刑」(毎日新聞東京本社), 『朝日新聞』1972年7月18日東京夕刊第3版第一社会面9頁「藤沢の女高生殺し Sの死刑確定」(朝日新聞東京本社), 『読売新聞』1978年11月28日東京夕刊第4版第二社会面10頁「『古谷』の死刑確定 老人8人殺人」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』1985年6月1日朝刊第12版第一社会面23頁「独居老人ら8人殺し 古谷の死刑執行」(中日新聞社), 『読売新聞』1971年4月1日東京夕刊第4版第一社会面9頁「【神戸】連続殺人 『古谷』に死刑の判決“史上例のない残忍さ”」(読売新聞東京本社), 『毎日新聞』1974年12月13日夕刊第4版第二社会面10頁「高裁も死刑支持 西日本連続殺人の『古谷』」(毎日新聞社), 『朝日新聞』1975年8月30日東京夕刊第13版第一社会面19頁「大阪地裁 四人殺害に無期 環境を酌量 『極刑は慎重に』」(朝日新聞東京本社), 『中日新聞』1997年8月2日朝刊一面1頁「連続射殺事件 永山則夫死刑囚の刑執行 計4人 北海道の夫婦らも」(中日新聞社), 『朝日新聞』1990年5月10日朝刊第二社会面30頁「永山被告の死刑が確定」(朝日新聞社), 『読売新聞』1979年7月11日東京朝刊第14版第一社会面23頁「連続射殺魔『永山』に死刑 東京地裁判決 生い立ち同情するが『冷酷、反省もない』」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1981年8月22日東京朝刊第14版一面1頁「永山(連続射殺魔)無期に減刑 東京高裁 福祉に一因、本人も反省」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1981年9月4日東京朝刊第14版第一社会面23頁「『永山』の上告決める 東京高検 『死刑適用の判例に違反』」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1981年9月4日東京夕刊第一社会面15頁「減刑の『永山』を上告 高検、量刑不当も挙げ」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1983年7月8日東京夕刊第4版一面1頁「連続射殺犯 永山の『無期』判決を破棄 最高裁、死刑含み差し戻し 『量刑甚だしく誤る』 4人殺害は残虐で重大 初めて死刑基準」(読売新聞東京本社), 東京高裁刑事第3部判決 1987年(昭和62年)3月18日宣告 昭和58年(う)第1105号(窃盗・殺人・強盗殺人・同未遂・, 『読売新聞』1990年12月17日東京夕刊第二社会面22頁「最高裁が26年ぶりに訂正判決 死刑事件での誤記認め」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』1987年4月1日朝刊第一社会面23頁「高裁も死刑判決支持 半田の保険金殺人 2被告の控訴棄却」(中日新聞社), 『中日新聞』2000年8月31日夕刊第二社会面10頁「『恩赦認めず』 名古屋拘置所が告知 『死刑は望んでいない』…被害者遺族の願い届かず 3人強殺の死刑囚に」(中日新聞社), 『中日新聞』2000年6月21日朝刊第一社会面31頁「愛知・京都保険金殺人 被害者遺族『死刑望まぬ』 名古屋拘置所に嘆願書」(中日新聞社), 『中日新聞』2001年4月19日朝刊第一社会面31頁「18年前の保険金殺人被害者遺族 法相に訴え『死刑やめて』 謝罪の手紙、接見…『償いさせたい』名古屋で在監中」, 『読売新聞』2001年12月27日東京夕刊一面1頁「2人に死刑執行 東京・練馬の一家殺害犯ら、昨年11月以来/法務省」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』1983年1月31日夕刊一面1頁「短銃強奪犯を逮捕 京都生まれ無職男 昭和区 白昼、勧銀支店襲う 二発発射、行員ら取り押さえ」(中日新聞社), 『中日新聞』1986年3月24日夕刊一面1頁「連続殺人・勝田に死刑 名地裁判決 『悪質残虐な犯行、自らの命で償いを』」(中日新聞社), 『中日新聞』1986年3月28日夕刊第一社会面11頁「『死刑は重い』 勝田控訴」(中日新聞社), 『中日新聞』1988年2月19日夕刊一面1頁「勝田、二審も死刑判決 『違憲論』退ける 8人殺害、極刑やむを得ぬ 名古屋高裁」, 『中日新聞』1994年1月18日朝刊一面1頁「連続殺人事件 勝田被告の死刑確定 最高裁が上告棄却 『罪責は重大』」(中日新聞社), 『毎日新聞』1994年9月8日東京朝刊第二社会面26頁「大森被告の死刑が確定--道庁爆破」(毎日新聞東京本社), 『中日新聞』1983年6月29日朝刊第12版第一社会面23頁「東京の一家5人惨殺 浴槽血の海、バラバラ死体 1億円の土地で争い 『立ち退かぬ』と不動産屋 長女は難逃れる 林間学校で長野へ」「夜通しで切り刻む」(中日新聞社), 『読売新聞』1994年2月14日東京夕刊第一社会面19頁「交際女性と両親殺す 結婚断られ逆恨み?46歳の容疑者逮捕/群馬・安中」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1994年11月9日東京夕刊第一社会面19頁「群馬・3人殺害に死刑判決 一審で今年8人目/前橋地裁支部」, 『読売新聞』1995年10月6日東京夕刊第二社会面18頁「群馬・高崎の3人殺害、二審も死刑/東京高裁」(読売新聞東京本社), 『朝日新聞』1999年9月14日朝刊第二社会面38頁「M被告の死刑確定 群馬・安中の3人殺害事件で上告棄却」(朝日新聞社), 『読売新聞』2017年12月20日東京朝刊第二社会面34頁「元少年ら2人死刑執行 市川一家殺害と群馬3人殺害」(読売新聞東京本社), 『千葉日報』2001年12月4日朝刊一面1頁「犯行時少年の死刑確定へ 市川市の一家4人殺害事件 最高裁が上告棄却」(千葉日報社), 『読売新聞』2001年12月22日東京朝刊第二社会面30頁「千葉・市川の一家4人殺害事件 元少年の死刑確定/最高裁第二小法廷」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1999年7月6日東京朝刊埼玉南版地方面32頁「川口のバラバラ殺人 仮出所、1年後の凶行 起訴事実認める=埼玉」, 『毎日新聞』2002年10月26日東京朝刊第二社会面30頁「埼玉・川口のバラバラ殺人 仮出所中の殺人、死刑判決が確定--上告取り下げ」(毎日新聞東京本社 記者:小林直), 『神奈川新聞』2000年1月25日朝刊B版1面1頁「一審死刑判決を支持 F被告の控訴棄却 東京高裁」(神奈川新聞社), 『読売新聞』2004年6月29日東京朝刊第三社会面37頁「女子高生ら5人殺害 F被告の死刑確定 判決に訂正申し立てず」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2004年11月12日東京朝刊第二社会面34頁「婦女暴行逆恨み殺人 M被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2000年2月28日東京夕刊一面1頁「被害者の女性を逆恨み殺人 無期破棄し死刑判決 被害者1人でも極刑/東京高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2005年5月8日東京朝刊第二社会面34頁「元オウム幹部・岡崎被告の死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1991年12月31日大阪朝刊第一社会面21頁「スナックママ連続殺人 第5の犯行厳戒/警察庁」(読売新聞大阪本社), 『読売新聞』1992年1月8日東京朝刊第一社会面31頁「連続殺人のN容疑者逮捕 『私も警察に付き合うから』と恐怖の母が親身の説得」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1992年1月6日東京朝刊第一社会面31頁「連続ママ殺しのN容疑者 厳戒の大阪で殺人未遂 女性落語家を襲う」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1992年7月24日東京朝刊第一社会面31頁「広域重要指定『一一九号事件』 4件の強盗殺人を被告が全面否認」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1995年9月12日東京朝刊第一社会面31頁「女性4人連続殺害のN被告に死刑判決/大阪地裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』1998年1月21日大阪朝刊第一社会面31頁「広域119号事件の控訴審初公判 N被告が『姫路事件』認める方針/大阪高裁」(, 『読売新聞』2001年6月20日大阪夕刊第一社会面15頁「スナック女性経営者4人殺害事件 K被告、二審も死刑/大阪高裁」(読売新聞大阪本社), 『読売新聞』2005年6月7日大阪夕刊第一社会面13頁「スナック女性4経営者殺害 N被告、死刑確定へ 『安易に凶悪犯罪』/最高裁」(読売新聞大阪本社), 『読売新聞』2017年7月13日大阪夕刊第一社会面9頁「N死刑囚 死刑執行『一区切り』 捜査関係者 確定から13年」, 『朝日新聞』1999年1月9日大阪朝刊第一社会面31頁「5女性殺害のK被告に死刑求刑 2件両方 大阪地検【大阪】」, 『朝日新聞』1999年3月24日大阪夕刊第一総合面1頁「K被告に死刑 5女性殺害で大阪地裁判決『凶悪な犯行』【大阪】」, 『朝日新聞』1999年4月6日大阪夕刊第一社会面15頁「身代金要求無罪は『事実誤認』と控訴 K被告判決で地検【大阪】」(朝日新聞大阪本社), 『朝日新聞』2001年3月28日大阪朝刊第一社会面35頁「5女性殺害のK被告、2審も死刑 大阪高裁【大阪】」(朝日新聞大阪本社), 『朝日新聞』2005年7月9日大阪朝刊第三社会面37頁「K被告、死刑確定へ 最高裁『異常かつ残虐』 5女性殺害【大阪】」(朝日新聞大阪本社), 『日本経済新聞』1988年9月12日夕刊15頁「仙台地裁判決 資産家殺しに死刑」(日本経済新聞社), 『読売新聞』1988年9月12日東京夕刊第二社会面18頁「逆恨みで老夫婦強盗殺人 17件目(今年)の死刑判決/仙台地裁」, 『毎日新聞』1991年3月29日東京夕刊第二社会面14頁「仙台の強盗殺人、控訴審も一審の死刑判決支持--仙台高裁」(毎日新聞東京本社), 『毎日新聞』1988年9月12日東京夕刊第二社会面10頁「老夫婦強盗殺人のH被告に死刑判決--仙台地裁」(毎日新聞東京本社), 『日本経済新聞』1988年9月13日朝刊31頁「資産家殺しで死刑判決 H被告が控訴」(日本経済新聞社), 『読売新聞』2005年9月26日東京夕刊第一社会面23頁「仙台の老夫婦殺害事件 上告14年、死刑確定へ 最高裁が棄却判決」(読売新聞東京本社), 『日本経済新聞』1993年6月2日朝刊35頁「仙台の老夫婦殺しで最高裁、『心神喪失』と公判を停止」(日本経済新聞社), 『毎日新聞』1993年6月2日東京朝刊第一社会面27頁「被告『心神喪失』で最高裁が裁判を凍結--仙台の老夫婦殺害事件」(毎日新聞東京本社), 『日本経済新聞』2005年4月28日朝刊42頁「老夫婦殺人被告に再弁論」(日本経済新聞社), 『毎日新聞』2005年7月16日東京朝刊総合面25頁「仙台・強盗殺人:上告14年で結審 2審・死刑判決のH被告--最高裁」(毎日新聞東京本社), 『読売新聞』2006年2月1日東京朝刊第二社会面38頁「連続幼女誘拐殺人事件 宮崎勤被告の『死刑』正式確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2008年10月4日東京朝刊一面1頁「[死刑]執行の現実(1) 『心を鬼に』法相サイン(連載)」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』2006年6月9日夕刊一面1頁「主犯格2人死刑確定へ 千種の姉妹焼殺 最高裁が上告棄却」(中日新聞社), 『中日新聞』2006年10月11日朝刊第12版第二社会面28頁「奈良の小1女児殺人 K被告の死刑確定」(中日新聞社), 『朝日新聞』2007年3月10日東京朝刊第二社会面38頁「生存死刑囚100人に 宇都宮・放火殺人で最高裁、被告の死刑判決訂正申し立てを棄却」(朝日新聞東京本社), 『毎日新聞』2007年5月8日東京朝刊総合面29頁「死刑囚:再び100人--東京・池袋の通り魔事件判決確定で」(毎日新聞東京本社 記者:高倉友彰), 『読売新聞』2007年4月4日東京朝刊青森版地方面31頁「武富士放火のK被告、判決訂正を申し立て 2日付で文書送付=青森」(読売新聞東京本社・青森支局), 『読売新聞』2007年4月16日東京朝刊青森版地方面35頁「武富士放火殺人 K被告の死刑確定 最高裁が申し立て棄却=青森」(読売新聞東京本社・青森支局), 『読売新聞』2007年1月18日東京夕刊一面1頁「『池袋通り魔』に死刑判決 『完全な責任能力』認定/東京地裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2002年1月18日東京夕刊第一社会面19頁「通り魔事件・Z被告死刑判決 『人として許されぬ』 身勝手な動機を断罪」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2003年9月29日東京夕刊一面1頁「池袋通り魔事件 Z被告、二審も死刑 完全な責任能力認定/東京高裁」, 『毎日新聞』2007年4月20日東京朝刊第一社会面29頁「東京・池袋の通り魔:死刑確定へ 8人殺傷『極めて悪質』--上告棄却」(毎日新聞東京本社), 『読売新聞』2007年4月11日東京朝刊第一社会面39頁「仮釈放中に強殺 上告を棄却、死刑確定へ 最高裁『悪質性、極めて高い』」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2007年8月25日東京朝刊第三社会面37頁「元オウム幹部・横山被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2007年10月20日東京朝刊茨城東版地方面33頁「上申書事件 G被告の死刑が確定、訂正申し立て棄却 最高裁=茨城」(読売新聞東京本社・水戸支局), 『読売新聞』2007年10月10日東京朝刊茨城東版地方面31頁「上申書事件 G被告、判決訂正を申し立て=茨城」(読売新聞東京本社・水戸支局), 『読売新聞』2007年11月14日東京朝刊第三社会面37頁「オウム元幹部・端本被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』1991年11月28日夕刊第二社会面14頁「2被告に懲役13-12年の判決 東京の3億円強奪」(中日新聞社), 『読売新聞』2005年1月21日東京朝刊群馬西版地方面26頁「お悔やみ記事見て盗み 留守狙い数百件、2容疑者を逮捕=群馬」(読売新聞東京本社・前橋支局), 『読売新聞』2005年10月22日東京朝刊一面1頁「マブチ事件 強殺、放火容疑で2人再逮捕 『資産家狙った』/千葉・松戸東署」(読売新聞東京本社), 『朝日新聞』2005年12月8日朝刊第一社会面39頁「マブチ事件の2人を再逮捕 我孫子の強殺容疑」(朝日新聞社), 『読売新聞』2006年12月20日東京朝刊第一社会面39頁「マブチ事件の男に『死刑』 3事件で4人殺害 『従犯』認めず/千葉地裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2008年3月4日東京朝刊第一社会面35頁「マブチなど3事件4人殺害 被告、2審も死刑判決/東京高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2011年11月23日東京朝刊第一社会面39頁「マブチ事件 死刑確定へ 3事件4人殺害 M被告の上告棄却」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2016年9月18日東京朝刊第二社会面30頁「小田島死刑囚が病死 『マブチ事件』など4人殺害」(読売新聞社), 『読売新聞』2008年3月5日東京朝刊第三社会面37頁「オウム、林被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『静岡新聞』2008年3月19日朝刊第一社会面27頁「三島の短大生焼殺事件 H被告、死刑確定-最高裁が訂正申し立て棄却」(静岡新聞社 / 配信:, 『読売新聞』2008年8月30日東京朝刊第三社会面37頁「山口・下関駅殺傷 死刑が確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2008年8月8日東京朝刊第二社会面34頁「埼玉・本庄連続殺人 八木被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2008年9月26日東京朝刊福島版地方面31頁「6人暴行死で死刑判決 被告が最高裁に訂正申し立て=福島」(読売新聞東京本社・福島支局), 『読売新聞』2008年10月7日東京朝刊第二社会面37頁「信者6人死亡事件 E被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社・福島支局), 『中日新聞』2009年5月21日朝刊第一社会面35頁「毒物カレー事件 林被告の死刑確定 判決訂正申し立て 最高裁が棄却」, 『中日新聞』2009年5月1日朝刊第三社会面29頁「林被告が申し立て」(中日新聞社), 『読売新聞』2009年12月3日東京朝刊第二社会面38頁「地下鉄サリン オウム2被告の死刑確定/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2010年1月14日東京朝刊第二社会面32頁「オウム・井上被告の死刑確定 判決訂正申し立てを棄却/最高裁」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2010年2月18日東京朝刊第二社会面38頁「新実被告の死刑確定」(読売新聞東京本社), 『千葉日報』2010年9月18日朝刊第一社会面23頁「館山4人焼死、死刑確定へ 一、二審支持 T被告の上告棄却」(千葉日報社), 『毎日新聞』2010年12月30日東京朝刊「追跡・累犯:2人殺害、49歳死刑囚 自動車盗繰り返し服役8回」(毎日新聞東京本社), 『読売新聞』2011年3月9日東京朝刊第二社会面38頁「土谷被告の死刑確定 元オウム幹部」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』2008年2月7日夕刊第一社会面13頁「3女性殺害被告 二審も死刑判決 福岡高裁」(中日新聞社), 『東京新聞』2011年3月9日朝刊第一社会面27頁「福岡の3人強殺被告死刑確定へ 上告を棄却」(中日新聞東京本社), 『東京新聞』2011年3月29日朝刊第二社会面22頁「S被告死刑確定 福岡、女性3人殺害」(中日新聞東京本社), 『読売新聞』2011年4月2日東京朝刊第二社会面30頁「連続リンチ殺人 元少年3人死刑が確定」(読売新聞東京本社), 『朝日新聞』2011年3月11日朝刊一面1頁「元少年3人死刑確定へ 最高裁 4人殺害『責任重大』」(朝日新聞社), 『読売新聞』2011年4月19日大阪朝刊第三社会面35頁「大学生殺害 死刑が確定」(, 『読売新聞』2011年5月11日東京朝刊第三社会面37頁「元生協職員の死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2006年10月18日西部朝刊一面1頁「大牟田4人殺害 K2被告とK4被告に死刑判決 福岡地裁支部『冷酷で残虐』」(, 『読売新聞』2007年12月25日西部夕刊第一社会面9頁「大牟田4人殺害 母・二男、2審も死刑判決 減刑の主張退ける/福岡高裁」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2011年10月4日西部朝刊第一社会面35頁「大牟田4人殺害 母・次男死刑確定へ」(読売新聞西部本社), 『毎日新聞』2004年10月18日東京朝刊社会面31頁「[現場発]福岡・大牟田の死体遺棄 子供に厳しくしていれば…」(毎日新聞東京本社 記者:川辺康広), 『朝日新聞』2004年9月26日朝刊第一社会面39頁「高1遺棄で息子も逮捕 母親と共犯の疑い 大牟田事件」(朝日新聞社), 『読売新聞』2004年9月27日西部朝刊第一社会面39頁「福岡・大牟田の4人殺害事件 Aさん宅、金庫消える」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2005年3月16日西部朝刊第一社会面39頁「福岡・大牟田連続殺人初公判 一家4人、認否割れる」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2007年2月28日西部朝刊一面1頁「福岡・大牟田4人殺害 父、長男にも死刑 一家4人の共謀認定/地裁久留米判決」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2007年10月12日西部朝刊第一社会面31頁「大牟田4人殺害控訴審初公判、父が共謀認める/福岡高裁」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2008年3月27日西部夕刊第一社会面15頁「大牟田4人殺害 元組長と長男、2審も死刑 控訴を棄却/福岡高裁」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2011年10月18日西部朝刊第二社会面38頁「大牟田4人殺害 親子4人 死刑確定へ 元組長と長男も上告棄却」(読売新聞西部本社), 『毎日新聞』2004年10月2日西部夕刊第一社会面7頁「福岡・大牟田の死体遺棄 Cさん遺棄の疑い、K4容疑者の兄逮捕」(毎日新聞西部本社), 『毎日新聞』2004年10月3日西部朝刊社会面26頁「福岡・大牟田の死体遺棄 家族ぐるみの凶行か K兄弟『悪質』、不良らも嫌う」(毎日新聞西部本社), 『読売新聞』2000年10月30日西部夕刊第一社会面7頁「クリーク少年水死 傷害致死容疑で少年6人を逮捕 福岡県警/福岡・城島町」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2000年12月23日西部朝刊第一社会面35頁「逆送致の作業員を起訴 クリーク水死事件/福岡・城島町」(読売新聞西部本社), 『読売新聞』2001年6月27日西部朝刊第一社会面31頁「少年暴行水死に懲役3年6月 地裁久留米支部判決 /福岡」(読売新聞西部本社), 『朝日新聞』2004年10月3日朝刊第一社会面39頁「逮捕のK3容疑者も力士挫折・帰郷 大牟田・遺棄事件 【西部】」(朝日新聞西部本社), 『西日本新聞』2005年1月12日朝刊第19版第二社会面(事件・人・話題)36頁「大牟田4事件、逃走罪でKT容疑者を追起訴 地検久留米支部」(西日本新聞社), 『読売新聞』2011年12月10日東京朝刊第二社会面38頁「中川被告の死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2011年11月29日東京朝刊第二社会面38頁「死刑判決訂正申し立て」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2011年12月14日東京朝刊第二社会面38頁「オウム遠藤被告 死刑が正式確定 判決訂正棄却」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2011年11月29日東京朝刊第二社会面38頁「オウムの遠藤被告 判決訂正申し立て」(読売新聞東京本社), 『西日本新聞』2011年12月13日朝刊一面1頁「小倉監禁殺人 M被告、死刑確定へ 最高裁が上告棄却 『犯行を首謀』」(西日本新聞社), 『西日本新聞』2007年9月27日朝刊一面1頁「小倉監禁殺人 ××被告、無期に減刑 『虐待受け追従』 福岡高裁判決 M被告は再び死刑」(西日本新聞社), 『西日本新聞』2011年12月15日朝刊一面1頁「小倉監禁殺人 ××被告、無期確定へ 最高裁が上告棄却 7人死亡、異例の判断」(西日本新聞社), 『読売新聞』2012年1月17日東京朝刊岩手版地方面33頁「洋野の母娘殺害 死刑確定へ 上告棄却 『悲しみに区切りない』=岩手」(読売新聞東京本社・盛岡支局), 『読売新聞』2012年2月5日東京朝刊岩手版地方面33頁「洋野の母娘殺害 被告の死刑確定 訂正申し立て棄却=岩手」(読売新聞東京本社・盛岡支局), 『読売新聞』2012年3月17日東京朝刊第二社会面38頁「光母子殺害 被告の死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2012年3月2日東京夕刊第二社会面18頁「光市事件 訂正申し立て」(読売新聞東京本社), 『朝日新聞』2013年1月10日東京朝刊山梨全県版第一地方面29頁「被告の死刑が確定 都留キャンプ場の殺人・傷害致死 /山梨」(朝日新聞東京本社・甲府総局), 「国会に証人喚問…会社社長、謎の失踪半年 工作語らぬまま」『毎日新聞』1998年10月20日付夕刊, 特集「永田町の黒幕を埋めた『死刑囚』の告白 ついに遺体発見! 右手に嵌っていた龍の指輪」週刊新潮 2016年12月15日号, 『読売新聞』2014年9月27日東京朝刊第二社会面38頁「長野3人殺害死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2014年9月11日東京朝刊長野版地方面33頁「死刑判決訂正申し立て=長野」(読売新聞東京本社・長野支局), 『読売新聞』2016年6月2日東京朝刊長野版地方面25頁「長野3人強殺 再審請求 弁護人『罪軽くすべき証拠ある』=長野」(読売新聞東京本社・長野支局), 『朝日新聞』2014年11月11日西部朝刊宮崎全県版第一地方面33頁「家族3人を殺害、被告の死刑確定 宮崎 /宮崎県」(, 『読売新聞』2015年2月19日東京朝刊第三社会面33頁「秋葉原殺傷 死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2016年5月28日東京朝刊長野版地方面31頁(読売新聞東京本社・長野支局), 『読売新聞』2016年7月2日東京朝刊仙台版地方面29頁「石巻殺傷 死刑確定『命を軽視』 弁護団、会見で批判=宮城」(読売新聞東京本社・東北総局), 『読売新聞』2016年8月14日東京朝刊第二社会面30頁「ストーカー死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2017年5月11日東京朝刊第二社会面34頁「木嶋被告の死刑確定」(読売新聞東京本社), 『読売新聞』2017年8月26日東京朝刊第三社会面33頁「鳥取不審死 死刑が確定」(読売新聞東京本社), 『中日新聞』2018年10月6日朝刊第11版第一社会面35頁「蟹江3人殺傷 死刑確定」(中日新聞社), 『中日新聞』2019年7月20日朝刊第11版第一社会面35頁「碧南強殺、死刑確定へ 最高裁、堀被告の上告棄却」(中日新聞社), 『静岡新聞』2019年3月16日朝刊一面1頁「浜名湖連続殺人 二審も死刑 東京高裁 被告の控訴棄却」, 『静岡新聞』2019年3月16日朝刊第一社会面31頁「浜名湖殺人再び死刑 事件、動機語らぬまま 被告、微動だにせず 被害者友人『自白して』」, http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00021.html, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920457/84, ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書 3.藤本事件の真相 日弁連法務研究財団ハンセン病事業検証会議, http://web.archive.org/web/20110323011314/http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/kaiken_point_sp090129-01.html, https://web.archive.org/web/20200428144154/https://www.sankei.com/affairs/news/181227/afr1812270008-n1.html, https://web.archive.org/web/20190212104241/https://www.asahi.com/articles/ASLDW34HXLDWUTIL00G.html, https://web.archive.org/web/20190212104710/http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_01083.html, https://web.archive.org/web/20110130094849/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110127-OYT1T00901.htm, http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011012701000772.html, 緊急特集 東区一家4人殺害事件 > X被告に死刑 Y被告無期 東区一家殺害 残虐な犯行明白 中国法院判決 Y被告の自首認定 X被告控訴の意向, https://web.archive.org/web/20111122051448/http://www.sponichi.co.jp:80/society/news/2011/11/18/kiji/K20111118002057080.html, スイス在住の資産家夫婦殺害に死刑判決 「高度に計画的、悪質性際だって高い」東京地裁, 寝屋川中1殺害、「死刑囚の控訴取り下げは無効」弁護人が申請 「刑務官に怒られ突発的に」と説明, https://mainichi.jp/articles/20200317/k00/00m/040/015000c, 鎮魂歌 / インパクト出版会(第13回大道寺幸子・赤堀政夫基金死刑囚表現展特別賞受賞作), 【相模原殺傷1カ月(5)】犯行前日に女性とともに食べた高級焼き肉は「最後の晩餐」だったか? 植松容疑者「革命計画書」を執筆、準備(添付画像), 相模原事件・植松聖死刑囚が刑場のある東京拘置所へ移送。最後に本人から届いた手紙は…, 静岡の干物店強盗殺人事件 1審死刑から無罪主張 弁護側が「新証拠」提出 犯行時間帯の現場付近に第三者の影(1/3ページ), http://web.archive.org/web/20181221080645/http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/454586.html, 【連続青酸死公判】K被告に死刑判決 「金銭欲のための犯行で悪質」と4件全て認定、「認知症考慮しても死刑回避すべき事情ない」 京都地裁(1/2ページ), 【連続青酸死公判】K被告に死刑判決 「金銭欲のための犯行で悪質」と4件全て認定、「認知症考慮しても死刑回避すべき事情ない」 京都地裁(2/2ページ), 首に掛けられたロープ 日本における精神衛生と死刑 アムネスティ・インターナショナル報告書, あなたも死刑判決を書かされる 21世紀の徴兵制・裁判員制度 年報・死刑廃止2007, 命の灯を消さないで 死刑囚からあなたへ 105人の死刑確定者へのアンケートに応えた魂の叫び, 上記共犯で死刑判決を受けるも、逃走中だったため欠席裁判となる。1886年に強盗教唆で逮捕されて収監されるが、大日本帝国憲法発布の大赦で免罪、別件で無期懲役。1905年に出獄、1914年死去。, 連続強盗殺人犯、処刑場に護送中に脱獄し警察官と格闘した際の傷で1897年12月死亡, 上記共犯者、一審は無期だったが、検察が控訴し逆転死刑判決。1899年10月30日に死刑執行。, 紬屋1人を誘い出し殺害。そして紬屋仲間1人を偽の書状で誘い出しこれも殺害。反物を質に入れ400円を得る。さらに2人に借金をしたが返済がないと嘘を言い、家人をだまし現金を得ようとした。共犯の妻は無期徒刑となった。また、別件で詐欺もしている, 3件の殺人と1件の文書偽造で起訴。うち薬店店主殺害事件と卒業証書偽造が有罪となる。1908年7月2日に死刑執行。, 女性の社会運動家、彼女のみ1月25日に死刑執行(29歳没)。実際に陰謀に加担していた。, 住職を務める和歌山県の浄泉寺で幸徳の談話会を寺で開催したことを咎められ死刑判決。後に恩赦減刑されたが1914年に自殺(50歳没)。判決前に僧籍剥奪処分を受けたが1996年に僧籍復帰の名誉回復が行われた。, 弟平四郎とともに同罪として死刑判決を受けたが弟処刑後に恩赦減刑された。1929年仮出所、1931年死去。, 勝田郡梶並村で、孫(当時32歳)が住居侵入罪の罰金20円が支払えず労役場留置処分を免れる為に金策協力を頼んだ祖父(当時74歳)に断られた。そのため祖父のへそくり50円を奪う為に殺害。1914年2月7日に死刑執行, 未亡人A(当時52)は養子一家が家督相続することを不満に思っていた。そこで情夫B(当時55)に借金230円の棒引きと400円の報酬を約束し、養子一家殺害を指示し自身は事件当日外泊しアリバイ工作をしていた。また近所には自分が虐待されているといった虚偽の噂を立てていた。1915年8月27日に死刑執行, 上記共犯者。なおBは殺害の手助けをCにさせていたが、Cは懲役10年になった。主犯Aとともに1915年8月27日に死刑執行, 僧侶による連続強姦強盗殺人事件。被害者の多くが尼僧であったことから「殺尼魔」と報道された。6月26日に死刑執行。, 一家の父親が殺された事件について、一審では被害者の姑と妻、2人の息子の4人全員が死刑判決を受けた。控訴審では長男の単独犯行とされ、他の3人は無罪となった。死刑を維持された長男は、犯行は外部犯によるものとして無実を訴え続けたが1917年12月8日に死刑執行, 日本軍捕虜となった夫の世話をする為来日していた女性殺害事件。夫は妻の後を追って自殺。1918年3月11日に死刑執行。, 同時期に検察は同じ事件で「単独犯」として2人の裁判を進め、一人は無罪になった。真犯人とされた石井は1918年8月17日に死刑執行。, 養子を虐待する妻との離婚話がこじれた為、岡山市の男が神戸市の山中に連れ出して殺害。男は養子を実家に預けたあと, 摂政宮(後の昭和天皇)暗殺未遂で大逆罪により有罪(法定刑は死刑のみ)。確定2日後の11月15日に死刑執行。, 天皇暗殺を計画したとして無政府主義者の朝鮮人が有罪になるも4月5日に恩赦により減刑。1945年10月に釈放され, 女性無政府主義者で朴烈の愛人。共犯として死刑宣告も4月5日に恩赦で減刑。7月23日に獄死(当局発表は縊死)した。, 下記Tと共同で一家3人を殺害し、さらに3年後にもTとともに夫婦を殺害した。この間に大岡山事件の犯人として起訴されていた男性は、裁判中に獄死している。Gは控訴せず一審で確定し、1933年3月7日に死刑執行, 愛人と共謀して夫を殺害した被告人について死刑。1934年6月28日に死刑執行。共犯の愛人は無期懲役, 上告棄却。殺人未遂で懲役20年、恩赦により刑期短縮も1929年に殺傷事件を起こし無期懲役になった受刑者が同囚の者に「死に損ない」と罵られたことに腹を立て刑務活動中に刺殺, 家業の利益目的で夫を殺害した被告人について死刑判決が下ったが、後に無期刑に減軽され、1943年頃に獄死。被告人と共謀したとされていた愛人の男性については、一審の死刑判決が控訴審で無罪へ覆った, 犯行当時は未成年者(少年死刑囚)。1946年2月6日に死刑執行。戦後唯一の少年時に死刑執行。少年では確定から執行までの最短記録(2ヶ月と2日), 詳細不明。1946年2月17日に死刑執行。確定から執行の戦後最短記録(1ヶ月と30日), 犯行時19歳。夕飯を用意してもらえなかったことに逆上して母妹を殺害し遺体を井戸に遺棄。一審は無期懲役だった。最高裁が死刑制度は, 強盗に入った家人2人を布団で縛りつけ窒息死させた。主犯Aが死刑(控訴取り下げにより死刑確定)であったが犯行時17歳であったため、少年法改正により1949年3月23日に無期懲役に減刑。, 共犯2名は一審死刑、控訴審無期懲役判決。量刑の均衡のため1950年7月29日、個別恩赦により無期懲役に減刑。, 一審は無期懲役。犯行時17歳。少年法改正により18歳未満に死刑が適用できなくなったことから、1949年3月23日、個別恩赦により無期懲役に減刑。, 連続強盗強姦殺人事件。10人殺害で起訴され、うち7人殺害で有罪となった。なお、小平には軍隊時代に, 強盗団4人組による犯行。Dを主犯として死刑が確定し、後に死刑執行されたが、1958年に出所した「従犯」が本当の主犯を恐喝して逮捕されDは濡れ衣であったという真相が発覚, 母親を虐待した兄嫁を恨み、兄一家8人を虐殺。死刑確定後の1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約締結に伴う政令恩赦で減刑。1968年春に仮出獄。, 殺人予備前科(懲役1年6月)、殺人前科(懲役8年)1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約締結に伴う政令恩赦で減刑。, 無関係の人物を絞殺。控訴取下げ。1950年4月26日に死刑執行。現行の刑事訴訟法下で確定から執行の最短記録(2ヶ月と26日), 埼玉県と茨城県で発生。司法の認定では3人殺害であるが、ほかに2人の殺害も自供。若い女性ばかり被害者であったことから。同様な, 犯行時19歳、上告を取り下げにより死刑が確定したが、1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約恩赦で無期懲役に減刑。, 犠牲者1人。戦後初の女性死刑囚。結核・精神病を罹患し1969年9月2日に恩赦減刑され、1978年に病死(63歳没)。, 一審は無期懲役。1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約締結に伴う政令恩赦で減刑。, 電車顛覆致死事件で6人死亡。ただし冤罪が指摘されている。1967年1月18日に獄死(45歳没)。, 上告棄却、白内障を患った母親の治療費欲しさに近所の雑貨商に侵入し、一家3人と使用人を殺害。最高裁上告中に脱獄、後に確保され、1955年6月28日に最高裁が上告を棄却。同年11月22日宮城刑務所にて死刑執行。死刑確定から執行までの期間は戦後最短とする文献もあるが、これは誤りで、昭和20年代には確定から2か月前後で執行された者もいる。, 上告棄却、幼児3人を惨殺。1958年4月12日に死刑執行。当時としては異例の再審請求中の執行。, 1975年6月17日に個別恩赦で無期懲役に減刑。1989年仮出獄、2008年11月7日に死去(91歳没)。, 一審は無期懲役、控訴審最終尋問で証人を負傷させたことが問題に。1959年5月27日に死刑執行(40歳没)。, 一審は無期懲役、侵入先で夫婦を惨殺し子供1人を負傷させる。犯行時18歳4か月で確定時も21歳。, 手提金庫にあった硬貨を掴んだ際に83歳女性にみつかり「口封じ」のために殺害しボストンバッグを持って逃走。硬貨は法的には既に通用しない古銭だった。, Hは2件の強盗殺人の首謀者であるが、無関係の第三者を2人も巻き込み、そのうちUが無期懲役で服役し後に再審無罪になった冤罪事件でもある。, 遊興費に窮した男が質屋に押し入り、妻をナタで撲殺し夫は重傷。500円と腕時計を奪う, 控訴取下げ。1960年3月1日に死刑執行。嘱託殺人前科(懲役1年)、殺人前科(懲役20年)。, 強盗放火殺人、犠牲者6人も警察は一家心中と処理し、1955年まで真相が判明せず。1974年6月6日に死刑執行。, 購入したオート三輪の支払いに困り、代金の取立てに来た販売店の外交員を殺害し、手形を奪い死体を近所のりんご畑に埋めた, 強盗放火殺人事件であるが、再審で捜査当局によって証拠の捏造と自白の強要が証明され冤罪として無罪になったのは、1984年7月11日であった。, 上告審で被告人側弁護人が「死刑が相当」と「求刑」したのが問題に。1962年12月21日に死刑執行(26歳没)。, 控訴取下げ。取下げ無効を訴えるも、1964年9月25日、取下げ有効が最高裁で確定。1967年10月23日に死刑執行。, 凶悪事件の累犯であったが、農家の妻を殺害。裁判中から死刑囚の感情を読んだ短歌を歌壇に数多く発表、島はその筆名である。本名は中村覚。1967年11月2日に死刑執行(33歳没)。, 生活に困窮した夫婦が闇屋を連続して殺害。事件発覚後逃亡し11年後に逮捕。一審は共に無期懲役だったが、犯行を持ちかけたのは妻であったにもかかわらず夫が逆転死刑。1967年11月16日に死刑執行(68歳没)。, 当時のマスコミはアプレゲール犯罪の典型として大きく報道した。共犯2人も有期の懲役刑、なお正田は獄中で小説家として名声を得ていた。1969年12月9日に死刑執行(40歳没)。, 家庭環境に疲れ果てた男が自宅を放火し一家全員を焼死させた。一審は無期懲役であったが控訴審で逆転死刑となり上告も棄却。死刑執行日は不明。, 盗みに入った家で顔を見られたため「口封じ」のためダイナマイトで一家5人を皆殺しにしようとし、主人を殺害, 控訴取下げ確定。1942年に満州で上官を射殺未遂した罪により、軍法会議で無期懲役の前科あり。1957年に刑を免除されていた。1966年、死刑執行。, 強盗殺人の従犯で懲役15年(7年で仮出所)の前科あり。1967年11月16日に死刑執行(42歳没)。, 6人殺害。軍隊時代に脱走する際看守を殺害しようとしたとして軍法会議で無期懲役になった前科あり。1970年10月29日に死刑執行。, 上告棄却。帰宅途中の女性を家まで送ってやると声をかけライトバンの助手席に乗せたが、草地に連れ込み乱暴した上で殺害し遺体を埋め、腕時計を奪った, ホテル経営者夫妻を相次いで殺害。 戦後2番目の女性死刑確定囚。1952年にも前夫を毒殺していたことが発覚。1970年6月11日に死刑執行(61歳没)。, 1969年に死刑執行。検察の資料等でも少年死刑囚とされているが、これは誤りで実際は犯行時20歳0か月。, 上告棄却。1952年9月10日に唐津市にあった炭鉱で女性を殺害。1962年1月と3月にも女性を殺害。他にも婦女暴行や詐欺罪など4件で起訴されていた, 上告棄却。九州近海の漁船「福神丸」で発生。義母が死亡したため漁船員が帰港を申し出て船長も受諾。しかし途中で嵐に会い, 上告棄却。出所したばかりの男が自分が住むアパート内の部屋を物色中にその部屋で寝ていたバーの雇われマダムを刺殺し2000円を奪った。ほかにも窃盗事件8件の余罪あり, 上告棄却。妻の経営するバーの前を通り過ぎていた14歳少女を連れ込み手足を縛り暴行。翌朝絞殺し床下に隠していた。一審は無期判決だった, 見ず知らずの幼児を誘拐後、殺害。自供したのは2年後のことだった。1971年12月23日に死刑執行(38歳没)。, 上告せず確定。警察の名を騙って被害者を呼び出した上で殺害、小切手帳などを奪い死体を原野に埋めたもの, 上告棄却。会社員宅に押し入り同家の妻を刺殺し現金2020円とネックレスなどを奪った, 上告棄却。12月15日に薪炭業者に手持ちがないのに木炭を買い取って欲しいと嘘を言って15万円を騙し取った。さらに警察に通報されることを恐れ薪炭業者夫婦を猟銃で殺害し4万6500円を奪った, 一審は無期懲役。福岡現金輸送車職員毒殺事件のT死刑囚と同じ1975年10月3日に死刑執行予定であったが、当日Tが自殺したため延期。2日後の1975年10月5日に死刑執行(37歳没)。, 殺人前科に余罪多数。1965年に留置場から脱獄しその際窃盗や傷害の余罪を起こし別件で懲役15年が確定。1975年死刑執行(38歳没)。, 犠牲者1人。本名はW。獄中で「純多摩良樹」の筆名で短歌を寄稿。1975年12月5日宮城刑務所にて死刑執行(32歳没)。純多摩の希望により遺骨は支援者の牧師が預かったが、1995年、遺族により遺骨が引き取られ、短歌新聞社より歌集『死に至る罪―純多摩良樹歌集』 が刊行された。, 「絵のモデルになってくれませんか?」と女性を誘きだして8人を殺害、被害者多数。一審で死刑判決を受け、控訴せず確定。1976年1月22日に死刑執行(41歳没)。, 上告棄却。Bは仲間D(無期)と共謀し女性金融業者宅に押し入り金融業者の悲鳴を聞いた家政婦を殺害、金融業者の手足を縛り銀行に電話をかけさせ約42万円を届けさせそれを奪取。逃亡時にBは金融業者の首を縛った。彼女は命は助かったものの全治7ヶ月の重傷であった, 知人女性を撲殺。一審は無期懲役だったが二審で逆転死刑。上告取り下げにより死刑確定。1975年9月5日に東京拘置所でシーツで首を吊り自殺、34歳没, 上告棄却。共犯二人とともに、静岡県内の金融業者を誘い出し睡眠薬を飲ませ絞殺。死体を箱根山中に埋めた。裁判中に自動車の排気ガス機構に関する特許権を取得している。1977年に死刑執行。, 4人で木曽川河川敷にいた面識のない男女2人を拉致、それぞれを殺害、死体を遺棄した事件, 土地の売買を持ち掛けたが値段が折わなかったため、所有者および家族ら2人をハンマーで撲殺。3人の遺体を敷地内の水槽に遺棄した, 保険金目的で実母を殺害し、口封じのため妻も殺害。別々に審議され死刑と無期懲役が確定。共犯2人も有罪確定。, 1983年4月14日に徳島地裁(山田真也裁判長)で死刑判決を受け、控訴せず確定したが, 1986年12月22日に東京地裁(高島英世裁判長)で死刑判決を受け、本人の控訴取り下げにより死刑確定, 1959年1月27日に千葉県で女性を殺害した罪で、無期懲役刑の受刑者が仮釈放中に再犯した事件, 1982年12月7日に東京高裁(大関規雄裁判長)で死刑判決を受け、起訴から1年半後となる1984年3月15日に東京高裁(寺沢栄裁判長)で控訴棄却判決, 1984年6月5日に東京地裁(佐藤文哉裁判長)で死刑判決を受け、1985年11月29日に東京高裁(内藤丈夫裁判長)で控訴棄却判決, 1986年5月20日に浦和地裁(杉山忠雄裁判長)で死刑判決を受け、1986年12月22日(控訴から半年後)に東京高裁(萩原太郎裁判長)で控訴棄却判決, 1943年(昭和18年)7月26日生まれ。殺害した被害者3人のうち2人については傷害致死罪を主張したが、1989年12月14日に, 1998年6月5日に東京地裁(岩瀬徹裁判長)で死刑判決、2001年9月11日に東京高裁(, 上記Sの共犯。第一審・福岡地裁では(Sが死刑判決を受けた日と同日に)無期懲役判決を受けたが、控訴審・福岡高裁では一審破棄・死刑判決を受け、上告棄却により死刑確定, 川崎市内のアパートで隣室に住む夫婦を刺殺。さらに被害者の兄で、アパートの大家であった男性を刺殺した。, かつて働いていた干物店に押し入って社長女性・常務男性の2人をそれぞれ刃物で突き刺した上に店内に設置されたプレハブ型冷凍庫内に閉じ込め出血性ショックで殺害し、店の売上金・釣り銭など現金約29万円を奪った, 高校の同級生だった男ら4人と共謀し、2件の連続保険金殺人事件を起こした主犯格とされる。, 下級審の判決に対して一度は上訴したが、その上訴を取り下げて確定した場合は、取り下げ日。(ただし、上訴期間内に取り下げた場合は、上訴期限の翌日。これは検察側にも上訴権があるからである。), 1975年6月4日に服役中に知り合った知人男性(当時46歳)とその内妻(同34歳)を脇差で刺殺し、知人所有の宝石類等28点と約束手形3通(額面:各200万円)を強取した, 1965年(昭和40年)1月22日19時ごろ、東京都小金井市中町で帰宅途中に偶然見かけた小学校6年生の男児, 仮釈放中の1968年9月9日、前刑(窃盗)の被害者である44歳女性宅を訪れ謝罪したところ、女性から罵られ、相手にされなかったことに逆上, 名古屋拘置所長が,原告に対して平成17年6月10日にした,教父母との交通(礼状の発信と面会)を不許可とする告知の取消しを求める訴えをいずれも却下する。. 日本における死刑囚の一覧は、日本の刑事裁判で死刑判決が言い渡された主な死刑囚の確定順による一覧である。下級審で死刑判決を言い渡された後、上訴中に死亡した者については死刑確定囚ではないためここに含めない。, 本項では2020年時点で死刑判決を受け上訴中の被告人についても記載する(上訴審で破棄されたり上訴中に死亡した者を除く)。, 死刑囚の項目では、未執行死刑囚と執行済死刑囚の一覧があるが、この項目は明治維新後1870年以降に死刑判決が言い渡された死刑囚の確定順の一覧である。そのため、恩赦で無期懲役に減刑されたものや、冤罪が指摘されている死刑囚、再審で無罪が確定した(冤罪事件の)元死刑囚も含まれる。なお一覧が膨大であるうえに詳細のわからない事件などがあるため、完全なリストではない。また1945年以前については書籍などによって詳細がある程度判明するものについて記載している。死刑囚の氏名についてはイニシャル表記を原則とするが、死刑囚本人が氏名を明らかにして著作などを発表している場合や、事件名称に死刑囚当人の氏名が付されて通称されている[注 1]場合、その他個別に氏名が広く認知されているなどの理由で実名または筆名表記としているものもある。, 有名な事件である場合には具体的な事件名を記述しているが、その他詳細が判明しない場合には事件名は罪状名をもとに便宜上つけたものもあることに留意されたい。, なお、最高裁判決に対しては判決宣告から10日以内に被告人などの当事者が誤りを発見した場合、その誤りを訂正するよう申し立てることができる(刑事訴訟法415条)。そのため、実際に最高裁判決が実際に確定するのは、訂正申立をしなかった場合は申立期間(10日間)を経過した翌日、申立があった場合は申立棄却決定の通知が被告人または弁護人に送達された日である(刑事訴訟法418条)。死刑事件では1990年12月14日に最高裁第二小法廷(中島敏次郎裁判長)で強盗殺人・強盗致傷などの罪に問われた福岡県直方市強盗殺人事件の死刑囚(1998年に死刑執行・#1990年死刑確定囚(7人)を参照)に対し言い渡された上告審判決の理由にて、同小法廷が2つの事件の犯行間隔を誤記したために最高検察庁からの申立てを受け訂正した事例があるが[1]、下級審の死刑判決を支持する主文そのものが訂正された事例はない。, 判決訂正申立の有無、あるいは決定の送達日はほとんど把握することが難しいため、本表では(報道などで申し立ての事実が確認されている事例を除き)便宜的に上告審判決日を確定日として取り扱った。2019年12月26日現在、法務省によると「同日時点で死刑が確定している死刑囚は112人(2014年に執行停止・釈放された袴田事件の死刑囚(袴田巌)も含む)。このうち、同日時点で再審請求しているのは84人」である[2]。, このほか殺人未遂・公務執行妨害1件[注 11]、覚醒剤取締法違反2件を犯した[115]。1977年3月30日に福岡地裁小倉支部で死刑判決を受け、同年6月7日に控訴を取り下げたことで死刑が確定[115]。1978年11月16日に死刑執行(33歳没)。, 1973年1月31日に東京地裁刑事第11部で死刑判決を受け[130]、1976年10月7日に東京高裁第8刑事部で控訴棄却判決を受けた[139]。1978年1月26日に最高裁第一小法廷で上告棄却判決を受け死刑が確定[131]。1981年1月に東京拘置所で死刑執行(55歳没)。, 1974年(昭和49年)7月26日に前橋地裁高崎支部で死刑判決を受け[142]、1975年(昭和50年)10月8日に東京高裁第9刑事部で控訴棄却判決を受けた[146]。1978年6月22日に最高裁第一小法廷で上告棄却判決を受け死刑が確定[147]。1984年10月30日に東京拘置所で死刑執行(54歳没)。, 被害者3人のうち1人は遺体が発見されていない[263]。1986年3月28日に東京地裁(杉山忠雄裁判長)で死刑判決、1994年9月14日に東京高裁(小泉祐康裁判長)で控訴棄却判決[279]。1999年2月25日の最高裁判決(小野幹雄裁判長)で上告を棄却され死刑が確定したが[279]「真犯人は事件後に自殺した親方だ」と主張し、2003年12月に再審請求していた[263]が、2019年に棄却されていた[280]。2018年6月に肺炎と診断され、収監先・東京拘置所内の病棟で投薬などの治療を受けていたが、2020年10月17日に病死(88歳没)[278]。, 以下の情報は2020年9月27日時点で[91]第一審・控訴審にて死刑判決を受け控訴・上告中の被告人についての情報を記載する。なお控訴審・上告審の日程は未定の場合特に記載しない。, 上訴審で死刑判決が破棄されて無期懲役以下に減軽・もしくは無罪判決が出たか審理が差し戻された場合、上訴中に被告人が死亡して公訴棄却となった場合はこの表からは除外される。最高裁判決で上告が棄却されるか被告人自ら上訴を取り下げて死刑が確定した場合は上節の「死刑確定囚」に移動する。, 死刑囚 (女性死刑囚・少年死刑囚) | 死刑執行人 | 死刑刑事訴訟法 | 刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律 | 行刑密行主義 | 永山基準, 確定死刑囚 | 被死刑執行者 | 収監中の死刑囚 | 獄死もしくは恩赦された死刑囚 | 再審で無罪になった死刑囚, 日本国内・国外を問わず事件名に加害者あるいは被害者の氏名を付けて呼称されている事例は少なくなく、一部は既に歴史用語となっているものもあり、そのような事件名称を本項に限って匿名・イニシャル表記とすることは困難であるため。, あくまでも構想のみであり、実際に犯行計画をすすめていないため、日本では罰則規定が現在もない, 拷問と虚偽の捏造した証拠によって自白調書を作成する捜査手法をとることで静岡県警で「捜査の神様」といわれた紅林の関わった冤罪事件は, 2件目の殺人の直後(6月18日未明まで)、小倉北区中津口一丁目のホテルに潜伏していたところ、ホテル従業員が警察に通報したため、, 一時は家出少年を自宅に同居させるなどしていたが、同性愛行為の現場を妻に発見されて性癖が露見したり、妻が1962年ごろに胎児を逆子のため死産したことなどから、妻はやがてKとの性交渉を忌避するようになり、1.

ドラマの キスシーン 舌, 日本 労働 異常, 天ぷら サクサク レシピ, メルカリ ジムニー タイヤホイール, 門扉 木製 片開き Diy, 福祉車両 補助金 中古, Jreポイント 楽天ポイント 二重取り, スック 口コミ ファンデーション, ジョイコン シンクロ ボタン 光らない, 洗濯機 排水ホース 外し方 シャープ, 冷凍食品 おかず ランキング, Aws 構成図 S3, 千葉 バイト 高校生, 折り紙 メダル 難しい, Chrome Js デバッグ 表示されない, 動画 圧縮 フリー インストール不要, スクリーンショット 音 消す Iphone, プランター 防虫ネット 作り方, 指数 小数 変換, 西川貴教 結婚相手 いとう さちこ, ホーキンス ワークブーツ ソール交換, 水槽 蛍光灯 おすすめ, Iphone 3dタッチ 設定 ない, ナイキ スポーツサンダル 厚底, 中小企業 退職金 計算, ハイカットスニーカー メンズ 黒, 冴えカノ お疲れ様本 感想, プレミア 分割 ショートカット, Vba 可視セル 範囲指定 コピー,